冬が嫌い

シェアする

 
こんにちは、バキ子@bakikomanです。
突然ですが、私は冬が嫌いです。寒いのが嫌いです。
 
「そんなもん、嫌ったところでしょうがあるめぇ」というご意見があろうことは十分承知しているのですが、この冬の寒さに対する感情を「キライ」という以外に表現のしようがないのであります。
毎年、秋が深まってくると憂鬱な気分になってきます。
今年もアレが来るのか・・・・
アレとはなにか。そう、冬将軍です。 寒波です。

いったいなんなんですかね、冬ってやつは。
なんで寒いんですかね?
まったく意味がわかりません。誰がこんなの頼んだのよ。

おそらく、もともと基礎体温が高い人というのは、冬の寒さをあまり苦にしないのではないかと思います。しかし私のような年中低体温な女には耐えがたいものなのです。

俗にいう「冬季うつ」に近い状態なのかもしれませんね。調べたことはありませんが、真冬には明らかに私の活力は低下します。ろくにモノを考えられなくなり、常にちょっとアンニュイな感じになります。
他のことでは 滅多に心をかき乱されない鉄メンタルの私ですが、冬の寒さだけには精神がやられていくのです・・・・
どうしてなの・・・・グスン (;_:)

子供の頃は雪遊びが好きでした。
スキーもスノボも人並みには滑れるし、それなりに冬を満喫していた記憶があります。
おそらくまだ基礎体温が高かったのでしょう。
ところが二十歳を過ぎて社会人になったあたりから、だんだんと冬の寒さに体が耐えられなくなってきたのです。

それから一年ずつ、着実に、冬が嫌いになってきています。
 

開眼

日本には否応なく四季というものが存在するのに、そのうちの四分の一を死んだ目をして過ごさねばならないのですよ。
そんなの哀しいじゃないですか。

これではいけない!

冬のあいだ、死んでるように生きてるなんてまっぴらだわ!

そもそも日本人は、春夏秋冬、それぞれの季節を快適に過ごす工夫をしてきたはずです。
私にだってやればできる!
今はネットやスマホといった、便利なインフォメーションを提供してくれる強い味方もいます。

マジメに冬支度(防寒)

「マジメに寒さ対策をしよう!」

こう決心したのは2015年度の冬からでありました。
手をこまねいていると私の心は凍死してしまいます。常に危機感を持って活動しなければ。

思えば私は、冬嫌いのくせに寒さに対してあまりに無防備でした。
ドラクエで言えば「布のふく」くらいしか装備していない状態でした。
これからは冬の防御力の高そうなグッズを探し、自分の身は自分で守らなければなりません。
冷え性なにするものぞ!

これから2016年度の冬を迎えます。
冬の嫌いな私が冬を楽しむためにどんな軌跡を辿ったのか、これからそのドキュメントをちょっとずつお届けします。
何よりも自分のために。

シェアする

元気にツイート中!