驚異の歌唱力!本当に歌が上手い歌姫・中村 中の後世に残したい「恨み節」ベスト3!

シェアする

こんにちは、バキ子@bakikomanです。

私はシンガーソングライター・中村 中(なかむら・あたる)の大ファンです。

もう好きすぎてライブで生で見ると泣いちゃうレベル。

( ;∀;)

今回はファンとして布教活動を推し進めて参ります!

題して

中村 中の後世に残したい名曲「恨み節」ベスト3です!

天才シンガー・中村 中の私的な紹介

あまりなじみの無い方のために一応紹介しておくと、

中村 中さんは、2006年デビューのシンガー・ソングライター。

2007年の紅白歌合戦で披露した『友達の詩(うた)』で一気に脚光を浴びました。

ほぼ全ての作詞・作曲を一人で担当し、自分で歌うんですが、

聞き心地のいい「泣き」のメロディーと独特の人生観を吐露した歌詞世界が、

他に類を見ないオンリーワンのミュージシャンたらしめています。

手がける楽曲は多彩で、フォーク、ロック、ブルース、歌謡曲、クラシカルなバラードなど、ジャンル分け不能のスゴイ作曲センスの持ち主です。

そして歌がね・・・・

超絶うまい!そしてソウルフル!

なんだか知らないうちに涙が出てくるような、そんな歌声の持ち主。

歌の内容によって声質や響かせ方を自在に変えられるシンガーで、

ファンの間では「七色の声」とも評されています。

舞台出演が多いですが、女優としても大活躍。

あの中島みゆきさんのライフワークの舞台『夜会』にも準主役待遇で出演したり、

ミュージカル作品にも多数出演。

なにしろ歌が抜群だし美人だし迫力もあるから、業界内では引っ張りだこの存在です。

はじめ、私は彼女の歌声に惹かれて聴き始めましたが、だんだんとパーソナルな想いがにじみ出る歌詞と情念たっぷりのブルース調のメロディに完全にハマってしまいました・・・・

(*’▽’)

誰かも言っていましたが、現代によみがえった

「歌謡曲の女王」なのです!

そんな彼女の楽曲のひとつの到達点に「恨み節」があります。

「男に捨てられた女の心情」を飾り気なく、

しかし文学的にまとめあげた歌詞世界に注目!

とりあえず鉄板の3曲を厳選したので是非お聴きください!

第3位 未練通り

↑ こちらで試聴できます!

ちょっとだけ歌詞を引用させてください!

思い出に出来ない くだらない別れがある この通りに来るたびに

のっけからこの歌詞。な、なに?ナニがあったの?

辛い記憶を思い出しちゃうのね?

もしも今あたしが あの頃に戻れるなら あんたのこと殺したい

愛し合うその前に もっと早くに二人を 引き裂いてりゃよかったね

こわーい!!

けど捨てられた女って頭のどっかでコレ考えますよ!

百回くらい相手のことを妄想で蹴とばしてます。

「未練通り」は私が最初にハマった傑作「恨み節」。

完全に歌謡曲の世界ですね!

残るあたしはひとりで あんたと歩いたこの道で

いつまでも あんたに会わなきゃいけない

(おそらく)遊び人の男に捨てられた女の悔しさ、恨み、憎しみを余すところなくストレートに表現したアツい歌詞がたまりませんよ!

( ;∀;)

未練通りは秋の空 ホラまた あいつが あいつが 笑った

なんという未練がましい!

まさに未練通り!

「キーッ!」てハンカチを噛みしめる感覚です!

入り込んで聴くと泣いちゃいますよ、いろいろ思い出してさ!

( ;∀;)

ちなみにうちの旦那も私の影響ですっかりあたるのファンになっていますが、

特にこの「未練通り」がお気に入りなようで、

いつの間にか、カラオケで歌いこなせるようになってました。

(^◇^)

私にはちょっと声が低くて歌えないんですよねー・・・・

第2位 雨のロマンス

↑ こちらで試聴できます!

ブルース調の名曲!特にサビの部分が、思わず歌い出してしまう鉄板メロ。

今夜の涙を 返しておくれよ

泣くなと言うなら 泣かれて困るなら

別れを切り出されて、泣き崩れている女の姿が浮かんできます。

ホラ、ごらん 今夜の雨は 君の代わりに泣いてるなんて

笑わせないで こんな雨なら 一晩で止むじゃないか

ここ!ここが特に泣きポイント!

いいから聴いとくれ!

「今夜のア~メはぁ~♬」

ここね、「ア~メはぁ~♬」

ここで胸にぐっと込み上げてくるものがあります!女なら絶対!

いや、男でもな!

Rainy days Rain nights

あいつに 一生 雨の日を

 

「あたしを振ったアイツが幸せを謳歌しているなんて割に合わん!

 雨よアイツに降り注げ!」

という恨み募って雨を呼ぼうとしてます。女って怖い!

でも分かるなぁ~

フラれた直後ってホント、相手に死んでほしいですよね。

(^o^)/

第1位 鳥の群れ

最も好きな一曲。

激しい!

激しすぎる失恋ソングです!

でもすごく文学的と言うか、いくつかの巧みな比喩が使われていて、

深みのある歌詞なのですよ。

振られて苦しい胸の内を見事に表現している名曲です。

失恋したときは、誰にも会わずに家の中でこれを10回くらいリピートしましょう。

そして友達とカラオケに行って熱唱するのだ!

これで失恋の痛手は綺麗さっぱり忘れられます。

どうもこの歌に出てくる男は、不誠実な奴っぽいですね。

主人公の女の子が遊ばれてる感じ?

「あの女、ちょっとウザくなってきたから逃げるわ、俺」

的なことを友達に言い残して雲隠れする感じの男?

とにかく許せない!

というわけでPVをご覧ください。

あたるちゃんがムカつく奴らをバンバン撃ち殺していきます。

爽快だぜ!!

「鳥の群れ」はこのアルバムに収録されています。

タイトルに怨念を感じる・・・・

(;^ω^)

ジャケットもすっげえ暗いですが

他にも名曲多数の傑作です。ほ、ほんとなんだって!

中村中の歌はリアリティーを内包した「物語」である

私が中村 中さんの歌が好きな一番の理由は、

背景に物語が見えるからです。

それも「よく」見える。風景の解像度がすごく高い感じがするんですね。

4Kテレビみたいに。

聴いていると風景やキャラクターがスッと浮かんできます。

短い歌詞で的確に場の空気を表現して、さらに歌声とメロディーでそのシーンや心情を補強します。

リアリティー。

これこそリアリティーだなぁと思うんですよね。

ある個人の視点を徹底的に突き詰めれば、普遍的なリアリティーが表現できるのかもしれない・・・・彼女の歌を耳にすると、そんな風に感じます。

中村 中の才能をもっと世に広めたい!

熱い思いで今後も布教活動していきます!

ぜひ聴いて!

シェアする

元気にツイート中!