入院する時に持っていくと便利なアイテム10選!鉄板の【入院セット】はこれだ。

シェアする



こんにちは、バキ子@bakikomanです!

現在、妊娠初期でございます。もうすぐ7週目に入ります。

つわりが重いので絶賛入院中であります。(*_*)

この間、旦那には何度も病院まで来てもらって(ちょっと家から遠い)、そのたびに「あれほしい」「これほしい」とワガママ言って迷惑をかけているんですが、何しろ入院なんてあまり経験無いので後から必要なものが出てくるんですよね。

もっと効率よく入院準備すればよかったなぁ、と反省してしているところです。

思ったんですが、入院経験が豊富な人は、きっと自分なりの「入院セット」があるんじゃないでしょうか。それを箇条書きにしておけば、急な入院の時にスムーズで快適な入院生活に入れるのではないかと。

そこで、これからつわりや出産で入院する人向けに、

私なりの鉄板「入院セット」を考案してみました!

現在入院中の私が選んだから間違いありません。

これだけひと通り揃えておけば突然の入院もバッチリですよ!

それでは鉄板の【産婦人科入院セット】10アイテムをどうぞ。

1.自分のマクラ

病院ですから、当然、ベッドと枕はあります。

あるんですが、病室の枕が低すぎてイマイチ寝づらかったんですよね。

そこで、家から枕を持ってきてもらいました。

これが快適!!

やっぱり慣れ親しんでいる枕っていいです。

あと、枕には他にもいろいろと使い道があってですね・・・・

枕が二つあると、日中起きている時に

背もたれにできるんです。

つまりソファの替わりですね。

また、クッション替わりにもなります。

膝の上に載せると、本を読んだりするときに便利です。

一石三鳥なので、ぜひ迷わず持っていきましょう。

2.パジャマを2着

病院には寝間着も用意されていますが、

胸の前で交差するタイプの寝間着って寝づらくないですか?

着ているうちに段々はだけてきますしね。

着慣れたパジャマやスウェットを持って行ったほうがリラックスできるのでお勧めです。

ここでのポイントは、

最低でも2着のパジャマを用意しましょう、ということです。

入院中は、汗をかいたり下り物などでパジャマが汚れてしまったりする可能性が高いです。

実際、私もパジャマを着っぱなしで、汗が気になってきたので替えのスウェットを旦那に買ってきてもらいました。

ユニクロの夏スウェット、超快適ッス!

3.ウェットティッシュ

ウェットティッシュは汎用性が高く、使い道がいっぱいあるので必需品。

たとえば飲み物や食事をちょっとこぼしたとき。

たとえば眼鏡が曇ったとき。

たとえば首筋の汗を拭きたいとき。

さらに、ちょっと使った

スプーンやお箸を洗うのが面倒なとき。

ウェットティッシュならサッと拭き取れるので重宝します。

快適な入院生活には欠かせないアイテムだと思います。

ぜひ準備しておきましょう。

4.ふつうの箱ティッシュ

別に特別なものじゃありません。ただのティッシュです。

でもこれ、入院手続きでバタバタしていると、意外と忘れがちです。

とりあえず1箱あればしばらく持つので、

家を出る時に忘れず持っていきましょう。

5.生理用ナプキン

生理用ナプキンも、意外と持っていると出番があります。

私は妊娠6週目の終わりに、少しだけ出血が見られました。

つまりちょっと下り物が。

胎児には影響が無いものらしいので安心したのですが、

服が汚れると困るので備えておいた方が無難です。

いずれにしろ女性ならば必需品ですからね、忘れずカバンにつめておきましょう。

6.フェイスタオル

これも必需品ですね。

顔を洗ったり体を拭いたり、枕の上に敷いたり、使い道は多種多様。

場所もとらないしあって困るものではないので、

沢山持って行きましょう。

できれば5、6枚持っていると、いざという時に便利です。

7.歯ブラシセット

これも急いでいると忘れがち。

入院っていっても生活ですから、結局必要になるので持っていきましょう。

・歯ブラシ

・歯磨き粉

・コップ

これで1セット。

旅行用の歯磨きセットが一つあると、こういう時に便利かもしれません。

8.化粧水(スキンケアグッズ)

入院中にお肌を気にしてる場合じゃないでしょ、という人もいるかもしれませんが、

お肌くらいケアさせてくれい!

( ゚Д゚)

というのが女性の本音ですよね。

余裕のある時は肌ケアするのも気分転換にもなりますし。

私の場合は無添加の化粧水が必須なので、落ち着いた時期に家から持ってきてもらいました。

はじめから持ってきてればよかったな・・・・

これは入院で慌ただしいと忘れてしまう可能性大ですが、

後々、絶対に欲しくなるのでご注意ください!

9.下着の替え

当たり前ですが、下着の替えはできるだけ沢山もって行きましょう!

先の見えない入院生活ともなると、次にいつ洗濯できるか分かりません。

とりあえず4,5日分の替えは確保しておきたいところです。

私は突然の入院だったので、これも揃えられずに旦那に持ってきてもらいましたが・・・・恥ずかしいし、できれば自分で準備したいものですよね。

(;^ω^)

10.カーディガン(室内用の上着)

入院、と言えばやはりカーディガンですよね。

別にカーディガンじゃなくてもパーカーとかでもいいんですが、とにかく室内で着ていられる柔らかい素材の上着を一着持っていきましょう。

これも、どうせ必要になります。

トイレに行ったり、院内をウロウロ歩いたりするとき、パジャマやスウェットだけだと寒いときありますからね。必須アイテムです。

まとめ:入院には生活用具がひと通り必要になる

いかがでしたでしょうか?

私自身の体験から

「これだけあれば入院が快適になる」

アイテムを10個集めてみました。

私の場合は結局ぜんぜん準備できなくて、後から後から「あれも必要」「これも欲しい」となって家人に面倒をかけることになってしまいました。

なので日ごろから、入院したら何が必要か、

自分で見通して整理しておくことが大事かも知れませんね。

旅行と違って、入院というのは生活する場所になるわけですから、「ちょっとひとまず」的な準備では足りないことが多々あります。

どんなに厳選したとしても、普段、家で自分が使っているアイテムの半分は必要になると考えていいと思いますので、自分の生活ルーチンを振り返ってみて、必須グッズを選び出しておきましょう。

入院、特に産院への入院の際に参考にして頂ければ幸いです。

以上、リアルタイムで入院中のバキ子がお届けしました。

SEE YOU !!!!



シェアする

元気にツイート中!