感情の起伏が激しい人はきっとブログに向いている

シェアする

こんにちは、バキ子@bakikomanです。

突然ですが、

私の母は感情の起伏が激しいです。

いつも何かの(誰かの)心配をしたり不安になったり怒ったり落ち込んだり。

常に心がザワついている忙しい人なのです。

負の感情をエネルギーにして生きている新種の妖怪のようです。

彼女は絶対、私よりブロガーに向いている!

と思ったので、

今回は私の母を通して

「ブロガー向きの資質」を定義してみたいと思います。

私自身がブログを始めるまでそのポテンシャルに気づかなかったんですが・・・・

こんな逸材がすぐ近くに居ようとは!

その1【現状に不満がある人はブロガーに向いている】

私は実家が近所なので結婚してからも何かと行き来する機会が多いのですが、母とお茶を飲んでいると、よくいろんな不満をペラペラとしゃべってきます。

主に自分の夫=父への不満が多いです。

「お父さんが駐車場でバンパーを擦った」だの、

「大掃除でお父さんがぜんぜん役に立たない」だの、

まあよくある家庭の愚痴ですね。

母に言わせると

「これは愚痴じゃないの!ただ呆れてるだけなの!」

ということですが。

ただし、ウチの母が凄いのは、

その不満を面白おかしく話す能力がある

ということなんです。

カンタンに言えば話術があるんですね。

構成を組み立て、オチを用意して、

いかにウチの父がドジで役立たずか

を克明に語ってくれます。

どう話したら効果的にウチの父を貶められるのか、

普段から周到にプロットを練っているんじゃないかと疑ってしまうほどです。

(なんか恨みでもあるのかな?)

私は母の話を「うんうん」と聞きながら、

(あ、この話でブログ記事1本書けるなぁ)

とよく思います。ネタの宝庫です。

私の夫も一緒に連れていくと、夫は母の話でずっとクスクス笑っています。

「ちょっと、真面目に聞いてあげなよ」

と私が言うと、

「だってお義母さん、笑わせにかかってるじゃん」

とのこと。そんなに面白かったんだ。

私は慣れているので

あんまり客観的に「面白い」とは思わなかっただけなんですね。

そんな時、母はなんかちょっと満足そう。

表情から充実感が出ています。

もうさ、いいからブログ書きなよ!

その(面白い)不満をネットにぶつけなさいよ!

共感してくれる人、いっぱいいるよ!?

その2【不安だらけの人はブロガーに向いている】

母はとにかく心配性です。

孫が熱出した、父の帰りが遅い、地震保険どうしよう、空き家の処理どうしよう・・・・まあ、家族の中心・ハブのような役割をしている人ですから周囲への心配が絶えないのも分かるんですが・・・・

正直ウザいことも多いです。

(;^ω^)

でもそれだけ不安のタネがあるということは、イコール

ブログのネタがある

ということですよね!?

その不安を記事にしちゃえばいいのに、

と私なんかは思ってしまいます。

なんならググったり本を読んだりすれば、

その不安の「解決編」も書けるかもしれません。

ああ、なんて羨ましい!

お母さん、アンタ原石だよ!ダイヤモンドだよ!

私は基本、悩まない体質なのでこのへんは特に羨ましいですね・・・・

その3【お節介な人はブロガーに向いている】

世の中のお母さんという存在は皆そうなのかも知れませんが、母はとにかく誰かの世話を焼くのが好きです。

最近、ヒマそうにしていたので

「お母さんて趣味は無いの?」と訊ねてみたところ、

「あんたたち(娘3人)の世話するのが趣味だったけど、みんな嫁に行ったから現在は無趣味なの」

・・・・

そ、そうですか、すみませんでした・・・・

グウの音もでないですね・・・・

(;^ω^)

でも・・・・

なんか可哀そう!

お母さん趣味持ちなよ!ブログでもやんなよ!

でも誰かの役に立ちたい、という気持ちは、

ブログを書いていると多少芽生えて来ますよね。

基本的には自分のためだけど、誰かの役に立ったらなお嬉しい。

私だってこれでもいちおう、

「読者に楽しんでもらえる記事」をなるべく心がけています。

(ほんとか?)

別の言い方をすれば

「おせっかい気質」または「サービス精神」でしょうかね!

これって案外、ブロガーには大事だと思います。

関連記事:

社会を動かす原動力!「お節介」というマインドを見直そう
  こんにちは、バキ子です。    みなさんは「お節介」ですか? たぶん違いますよね。私も違います。   他人のことにガンガン首を突っ込んで、 「ああしたほうがいい」「是非こうし...

その4【話を聞いてほしい人はブロガーに向いている】

母はようするに、誰かに話を聞いてもらいたいのです。

悩みも怒りも悲しみも、解決できるとはつゆほども思っていなくて、ただ聞いてもらってスッキリしたいんですね。その気持ちは私も分からないではない。

女性にはこういう人、多いのではないかと思います。

いわゆる「女子会」というものはそのために存在します。

私はその「女子会」では話せないようなモヤモヤしたオタク心をこのブログにぶつけているわけですしね!

家族やリア友とはイマイチ共有できない自分のしょうもないアイディアや趣味のアニメネタなんかをブログでまとめてぶちまけると結構スッキリすることが多いです。

だからブログもボチボチ続けていられるんでしょうね。

話したいことが溜まってもんもんとしている人は、とりあえずブログで文章化するといいと思うんだけどなぁ。きっとスッキリして心が穏やかになると思いますよ!

母とは対極の陽気なラテン系の父

一方、父のほうは年中陽気というか、わりと能天気。

ぐじぐじ悩んだりしません。

ていうか悩んでるところを見たことない。

ちびまる子ちゃんのお父さん・「ひろし」みたいなヤツです。

最近はお小遣いがめっきり減ってしまったらしく、たまに寄った私の車を洗ってバイト代をねだる始末。(いつかネタにしてやろう・・・・)

こういう人は観察してネタにはなるけど、自分でブログ書いたりしない人が多いんじゃないでしょうか。とくに不満も無くて毎日楽しそうだし。

どうやら私はこっちに似てしまったらしいですね。

(;^ω^)

惜しいことをしました・・・・

母のあの激しい気質を受け継いでいたとしたら、

きっと私の書く文章も格段に面白くなっていたに違いありません。

まあ仕方ない。

私は私で、地道に手持ちの脳みそでやっていくしかありませんね!

 「感情の起伏が激しい」はブログでは武器になる

いかがでしょう!

あなたに当てはまる資質はありましたか?

ようするに何が言いたいかというと、

一般的には人としてマイナスと思われがちな資質が、

ブロガーとしては得難い武器になる

ということ。

ここでもう一度おさらいしてみましょう。

私の考えるブロガー向きの資質とは、

① 現状に不満がある

② 心配性でいろんなことに不安を感じやすい

③ 世話焼き・あるいはお節介である

④ 誰かに話を聞いてほしくてたまらない

以上の4点です!

これに「怒りっぽい」「すぐブルーになる」

を付け加えてもいいかな!

とくに負の感情、怒りや悲しみから紡がれた文章は、読む人の胸を打ちます。

情念があるからです。

切羽詰まっているからです。

能天気な楽しいだけの文章なんて、面白くもなんともないですもんね!

自分は「喜怒哀楽が激しい」とか「悩む体質だと思う人は、

一度ブログを書いてみたらいいんじゃないでしょうか!

書くとスッキリするし、

コメントとか貰うとちょっと嬉しいものですよ!

大変だけど、楽しいですよブログ。

そしてそういう激しいブログ記事を、もっと私も読みたいです。

私が他の方のブログを読むのは、激しく動いた「感情」が見たいからです。

いいなぁ!私ももっと感情の起伏が欲しいな!

ちなみにウチの母はスマホもパソコンも使えないので、

残念ながらネット上に彼女の爪あとを残すことはできません。

残念です・・・・

PCのマウスを両手で持って

「これは何をする道具なんだい?」

というほどのオンチですので・・・・。

( ゚Д゚)

最後に

ここに書いたことはあくまで私個人が

「比較的ブログ書くのに向いているんじゃないか」

と思った資質・性向ですので、

「そっか、自分は向いてないのか」

とか真に受けないで、おもしろ半分に読んでくださいね☆

私自身もブログやってますけど、

こういった資質はほとんど持ち合わせていませんしね・・・・

ほんと、うちのママすごいよ。

ブログやったらきっと面白いサイトが出来るんじゃないかなぁ。

キーボードの打ち方教えてみようかな!

シェアする

元気にツイート中!