アニメネタをブログに書くと、オタクの燃えカスな私が救われていく

シェアする




こんにちは、バキ子@bakikomanです。

突然ですがこちら、私が密かに愛読している根暗ブロガー・甘夏さんの記事。

思わず笑っちゃいましたけど、もうなんか・・・・すっげぇ共感!

( ;∀;)

別に好きなアニメやゲームについて熱く語り合いたいなどど高望みなんてしない。

自分が好きなモノに対して「分かる分かる」「イイね!」これだけで私は報われるのだ。

<出典:「甘夏ソースで召し上がれ」>

そうそう、その通り!




オタクの友達なんてできなかった

甘夏さんも「女子力高めなハイスペックの友達」に囲まれて大変だったみたいですが、私も友人にオタクっぽい人はほとんどいませんでした。

学生時代から

アニメ大好き!漫画大好き!ガンダム大好き!

と公言していましたが、あくまで「バキ子のキャラ付け」程度に思われていました。

あまり同じ趣味の人には出会えなかったです。

たまに根暗な男子がおずおずと寄ってきたことはありましたけどね。

顔を洗って出直してもらいました。

日曜日にスタバでお茶したり遊園地でキャッキャうふふなノーマルな友人達と適度に付き合いつつ個人でオタク活動(と言っても摂取するだけ)するのは確かにしんどかったですね。

(^_^;)

かと言ってさほどどっぷりなオタクでもないんで「真性のオタクグループ」に入る勇気は無い・・・・ようするにどっちつかずなチキン野郎なわけです。

いったいどこに行ったら「ちょうどいいオタク仲間」に出会えるのかずっと謎でした。

ネットやSNSには適度なお仲間がウヨウヨいた

ブログを始めるにあたって、「ツイッター」なるものを初めて導入しました。

ITオンチなのでそのへん全然知らなかったのです。

(>_<)

30歳からのツイッターデビューでございます。

バキ子@授乳マシーン (@bakikoman)さんの最新ツイート プチオタクな主婦ブロガーです。漫画とアニメ、生活ネタが多めの雑記ブログ「今日もライフは満タンだ。」を運営中。ほかに小説レビュー、お出かけ、ラーメン、子育て、健康、仮想通貨投資などの記事をパッションにまかせて書き殴っています。 最近は生まれたばかりの息子・...

そしたらですよ。

似たようなスタンスで広く浅く活動しているオタク臭のする皆さんがけっこういらっしゃるじゃないですか。

で、アニメ系や漫画系のいろんなブログをさまよっても、やっぱり適度なオタク臭がするじゃないですか。

ここけっこう居心地いいッス!!

それにそんなにがっつり交流なんてしなくても「いいね!」とかブクマ(最近覚えた)とかで同意の意思は伝えられますからね。そのくらいの距離感て悪くないですよ。

むしろちょうどいい。

大人になったら、人と人との距離の取り方って、SNSくらいがちょうどいいのかも知れませんねww

知らない間に時代は進化しているなぁ・・・・

溜まっていたオタク心はブログに書くとスッキリする 

よし、ここなら誰にも気兼ねしないで自分のオタク心をぶちまけられる!

私はせっせとブログで自分の好きな漫画やらアニメやらミュージシャンやらの記事を書いてきました。

そしたらですよ。

スッキリするんですよね、これが!

(^O^)/

溜めこむばかりだった自分なりの意見や作品から得た感動が、出口を見つけてじゃんじゃん出ていくようになりました。

自分はこの作品をこんなふうに好きでこんなふうに面白く読んだよ!というだけで、なにかモヤモヤとわだかまっていたものが解消されていくんです。

こ、これがウワサのアウトプットってやつか!?

これなかなか参考になりました。

実践はできてないですけど、心構えは学べます。

学校の勉強も「アウトプット読書術」で応用できそうな気がするな・・・・

しかも、その吐き出した感想を読んでくれている人がいる!

きっと誰かが見つけてくれる。ブログやYouTubeでコンテンツ発信しよう!
こんにちは、バキ子@bakikomanです。 今回は ブログやってて良かったなぁ~ とつくづく思ったことをお伝えします。 私...

ありがたいことに時々感想もいただけます。

これはこれで、広い意味でのコミュニケーションなので楽しいものですね。

なんだか、重度にオタク気質だった昔の自分が救われていくような気分です。

(今はそこまでオタク女じゃありません。オタク女の燃えカスです)

堂々と二次元の話ができるブログに感謝

けっきょく何が言いたいかというと、甘夏さんと同じで、

私も

「ブログに出会えてよかったな」

「ブログやSNSを通していろんな人の意見に出会えてよかったな」

ということです。

ほかにもアニメを語れる場所や媒体はあるんでしょうけど。

私は自分の意見を自分のペースで整理できるブログが向いているなと感じています。

ほかの二次元好きな方々のブログものぞかせてもらって

「なるほどそういう切り口か!面白い!」

と目からウロコが出る瞬間も多々あります。

まあキングオブはやっぱり岡田斗司夫先生でしょう!

これ面白かったなー・・・・

いつかこんな壮大なオタク記事を書いてみたいものです。

オマケ

※今ではリア友にも少数精鋭のオタク仲間は存在します。

いい年こいてリアル「鋼の剣」を買ってオリジナルの剣舞を披露するN嬢。

目にも止まらぬ速記でベルばらの「アンドレ」を書き上げるS嬢。

なんちゅう無駄なスキルを持っているんだコイツら。

(;゚Д゚)

彼女たちの存在は数少ない私の宝物です★

オタクな女たちのリアルな実態が楽しい漫画はこちら。

オタクに勇気を与えてくれる凄いマンガですよね!

お後はよろしくないけど、とりあえず今日はこのへんで。

さいならっ!

関連記事⇒ 

厳選!【死ぬまでに読んでおきたい名作格闘漫画】トップ10

【漫画レビュー】高浜寛のマンガのクォリティがヤバすぎる

【おすすめ漫画】子育て世代必見!育児コミック雑誌「BABY!」があるあるすぎて腹筋が痛くなるほど面白い

【おすすめ漫画】アツい漫画が読みたいなら熱血社会派アクション「火線上のハテルマ」で燃え上がれ!

おすすめランキング!地方移住でスローライフしたくなる【田舎暮らし漫画】トップ5