【0歳児読み聞かせ絵本】おすすめ10選!5段階評価あり。

シェアする




こんにちは。

童心を忘れないママブロガー・バキ子@bakikomanです。

我が家の0歳児に読み聞かせた

おすすめ絵本

を、独断と偏見でレビュー&5つ星評価していきます!

(/・ω・)/

親が本好きだった影響で、

子どもの頃からたくさん絵本を読んできました。

時は過ぎて自分が子の親になり、

絵本にふたたび触れる機会が増えてきたので、

読み聞かせた絵本を子供の反応を加味して

おススメしていきたいと思います。

定番中の定番から、ちょっと珍しい絵本まで、

各種織り交ぜてレビューしていきます。

0歳児の絵本選びに悩んでいる方は

ぜひご参考ください!

(^O^)/




1.〈松谷みよ子 あかちゃんの本シリーズ〉

いないいないばあ

いいおかお

もうねんね

定番のシリーズですね。

多少、絵のタッチには時代を感じますが、温かみのあるいい絵です。

始めの頃はそれほど反応が無かったのですが、5回、6回と繰り返すうちに気に入ってくれました。

今では表紙絵を見るだけで手足をブンブンさせて喜ぶように!

1歳過ぎでも集中して見てくれます。

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★☆☆(星三つ)

親が読ませたい度・・★★★★☆(星四つ)

総合評価・・・・・・★★★★☆(星四つ)

2.【おつむてんてん】

これには驚きました・・・・

期待度はそんなに高く無かったし、はじめのうちは読んであげてもほとんど反応無かったんですが・・・・繰り返し読みきかせしているうちに

0歳児後半から急に目覚めた!

「おつむてんてん」

「おくちはあわわ」

を0歳の赤ん坊が実演し始めたのです!!

絵本ってすげえ!

「お口は〜?」

と声をかけると

「アワワワワ!!」

と自分から手を口に当ててアクションするようになったんですよw

パブロフの犬のように反射的に。

絵本って、やっぱり読んであげるもんですね〜

ウチの子が0歳にして「ちゃんと長期記憶できてるじゃん!」とはっきり検証されたのはこれのおかげなんですよ、実際。

そして、これがウチの子の初の「持ちネタ」になりました。

おじいちゃん・おばあちゃんへ向けての余興ネタです。

1歳になった今では得意げに「おつむてんてん」を披露するようになりました。

もういいっちゅーのw

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★★★(星三つ)

親が読ませたい度・・★★★☆☆(星四つ)

総合評価・・・・・・★★★★☆(星四つ)

3.〈はじめてであう絵本シリーズ〉

絵が可愛いので私(ママ)が衝動買いしたシリーズ。

0歳児前半ではあまり反応が無かったんですが、

0歳中盤から後半にかけて、楽しんで見るようになってくれました。

にーっこり

ぎゅ〜っ!

ばぁ〜!

ぷっぷっぷー

絵のタッチも色使いもイラスト・漫画に近い感じがしますが、非常に赤ちゃんライクで見やすい絵柄。起承転結もうまく織り込まれていて、飽きさせません。

どれもおすすめなので、選べませんね・・・・

どれでもお好きなのをチョイスすればOKかと。

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★★☆(星四つ)

親が読ませたい度・・★★★★★(星五つ)

総合評価・・・・・・★★★★☆(星四つ)

4.【はりねずみかあさん】

こちらも古典名作として定評のある絵本。

正直、はじめは地味な絵本だなぁ、と思っていました。

大人の目線から見ると、

絵もそんなに魅力的には見えませんでしたが、

子供からすると違うらしい!

食いつきなかなか良かったです。

0歳中盤ごろのヘビーローテーション絵本でした。

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★★☆(星四つ)

親が読ませたい度・・★★★☆☆(星三つ)

総合評価・・・・・・★★★★☆(星四つ)

5.【しましまぐるぐる】

名著。

名著ですって。

生まれてこのかた、ずっと我が家のエースです。

ヘビーローテーション。

たまたまウチの子にぴたりとフィットしただけなのかも知れませんが、まあ~集中して見てくれます。一歳過ぎてもずっとハマってます。

詳しくはこのブログでも、

あちこちでベタ褒め記事書いていますのでどうぞ。

0歳2か月の赤ちゃんも喜ぶ!魔法のおすすめ絵本〈しましまぐるぐる〉【口コミ】
0歳2か月の赤ちゃんでも喜んだ驚異の絵本をご紹介します。 夫がこんな絵本を買って来たんですよ。 しましまぐるぐる (...

0歳児が釘付け!おすすめの絵本読み聞かせランキング ベスト12
赤ちゃんに 絵本の読み聞かせ してますか? 赤ちゃん~幼児期の絵本タイムは、親子のコミュニケーションの重要な機会にもなりますの...

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★★★(星五つ)

親が読ませたい度・・★★★★☆(星四つ)

総合評価・・・・・・★★★★★(星五つ)

6.【まてまてまて】

絵がいい。

とにかく絵がいいです。

内容的にはいろんな動物がつぎつぎに「まてまてまて〜」と追いかけて来るだけの非常にシンプルな絵本ですが、出て来る動物たちの絵がなんとも言えずユーモラスかつシュールで、素晴らしいの一言。

「繰り返し」の展開が赤ちゃんは大好きなのでとっても喜びます。

短いお話なので、何度も繰り返し読んであげられます。

文章も少ないので読む側もラクできる、という利点もありますねw

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★★☆(星四つ)

親が読ませたい度・・★★★★☆(星四つ)

総合評価・・・・・・★★★★☆(星四つ)

7.【コロちゃんはどこ?】

エリック・ヒルの

【コロちゃんシリーズ】!

これも鉄板作品ですね。すごく人気があります。

「はじめてのしかけ絵本」として、非常によくできています。

慣れてくると自分から率先して手を伸ばして「仕掛け」部分をめくる姿が微笑ましいです。

難点としては何度もめくっているうちにシワになったり破ったりしてしまうので、長持ちはしない、というところでしょうか。

破られたらセロテープなどで補強して保たせましょう!

シリーズ数がたくさんあるのでどれを買えばいいのか迷いますが、私のおすすめはこのあたり。

コロちゃんのクリスマス

コロちゃんのおさんぽ

コロちゃんのだれだろう?

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★★★(星五つ)

親が読ませたい度・・★★★★☆(星四つ)

総合評価・・・・・・★★★★★(星五つ)

8.【おばけパーティ】

子供って、

おばけ大好きなんですね。

0歳児なのにびっくりしました。

せなけいこの名作「ねないこだれだ」もそうでしたが、

白い布被ってる系のおばけは、

ウチの0歳児はキャッキャ喜びました。

対象年齢はもっと上の絵本のはずなんですが、

意外と集中して繰り返し見たがる不思議な絵本です。

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★★★(星五つ)

親が読ませたい度・・★★★☆☆(星三つ)

総合評価・・・・・・★★★★☆(星四つ)

9.【はらぺこあおむし】

説明不要のキング・オブ・絵本ですね。

定番中の定番ですが、これも凄かった!

表紙を見なくても「あおむし読む?」と言うだけで手足をバタバタ。

おかげで

あおむし大好きっ子に。

気がつくと家庭内に「あおむしムーブメント」が到来していました。

あおむし怖っ!

なにこれ宗教??

いつのまにか子どものために【あおむしグッズ】を買い漁っている自分がいるのでお気をつけください。

ちなみに新沢としひこさんの歌う「はらぺこあおむしの歌」がまたドラマチックで素晴らしいので絵本と合わせて聴いてみるのをおすすめします。

はらぺこあおむしの歌【動画】

これを丸暗記して歌えるようになればお母さんとして一歩成長したと言えるでしょう。

(*´∀`*)

家庭内評価はもう、文句なしの満点です。

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★★★(星五つ)

親が読ませたい度・・★★★★★(星五つ)

総合評価・・・・・・★★★★★(星五つ)

10.【おでかけばいばい】

この【おでかけばいばいシリーズ】も破壊力がすごいです。

料理しがいのある擬音がたくさん出てくるので、

抑揚をつけて面白おかしく読んであげましょう。

「ぺっちょぱっちょ ぺっちょぱっちょ」

とか

「ピッタコン ピッタコン」

とか、

お母さんが笑いをとるチャンスタイム!

( ゚∀゚ )ヨッシャ!

自分なりに工夫して読むと、

読み聞かせる側も楽しくなるのでおすすめです!

五つ星評価:

子どもの反応・・・・★★★★★(星五つ)

親が読ませたい度・・★★★★☆(星四つ)

総合評価・・・・・・★★★★★(星五つ)

0歳から読み聞かせは早すぎる?

「0歳から読み聞かせは早すぎるんじゃない?」

「内容なんて分かってないでしょ?」

「反応も無いでしょ?」

というご意見もあると思いますが、反応が無いからといって赤ちゃんが学習していないわけではありません。親が気づかないところで子供は実にさまざまなことを吸収しているものです。

読み聞かせの効能は短期的な目で見ると意味が無いように見えますが、長期的な視点で考えれば子どもの基本的な能力を伸ばす、重要な役割を果たします。

(言語・視覚・聴覚・触覚 etc・・・・)

効果が分かりにくいからといってやめてしまうのは勿体無いので、ぜひ積極的に読み聞かせたいものですね。

個人的には多少、親が身を削ってでも読むべきではないかと思うくらいです。

だって単純に考えて、赤ちゃんを部屋でボーッとさせとくのも勿体無いじゃないですか。

せっかくすごい吸収力持ってる時期なので、目と耳で楽しめる「絵本」という媒体で、どんどんインプットさせちゃいましょう。

我慢強く2回、3回、4回、5回、と繰り返し読んであげることで、その本を少しずつ記憶し、やがて自分の好きなシーンを心待ちにする、という現象に出会えます。

私自身も何度も目撃しました。

長期記憶、始まってる!!

( ゚д゚)ハッ!

と親のほうも嬉しくなるので、ぜひ試してみてください。

そりゃ、読む側は大変ですよ。

時間もかかるし、根気も労力も必要です。

でも赤ちゃんが絵本を通していろんな体験(疑似体験)をする、その事自体が重要なのだから、なるべく寄り添って読み聞かせすることをおすすめします。

小さなお子さんを抱えたお母さんは、

童心に帰って一緒に読み聞かせを楽しんでみてはいかがでしょう!

以上、0歳児の読み聞かせ絵本のおすすめレビュー&個人的な評価でした!

関連記事:

0歳2か月の赤ちゃんも喜ぶ!魔法のおすすめ絵本〈しましまぐるぐる〉【口コミ】
0歳2か月の赤ちゃんでも喜んだ驚異の絵本をご紹介します。 夫がこんな絵本を買って来たんですよ。 しましまぐるぐる (...

0歳児が釘付け!おすすめの絵本読み聞かせランキング ベスト12
赤ちゃんに 絵本の読み聞かせ してますか? 赤ちゃん~幼児期の絵本タイムは、親子のコミュニケーションの重要な機会にもなりますの...

生後0カ月~6か月までに買ったおもちゃを厳選レビュー!【おすすめ知育玩具】
こんにちは、バキ子@bakikomanです。 赤ちゃんが生後6か月までに買ったおもちゃをセレクト&評価していきます! 「買ってよかっ...

児童文学の名作ランキングベスト10【小学校高学年向け】
長い本を読むのがちょっと苦手な小学校高学年(5年生~6年生)くらいのお子さんにおすすめの、児童文学小説を厳選しました。 今の時代、...