雑記ブロガーのジレンマを図解。あなたがブログ記事を書けない原因、コレじゃない?

シェアする




こんにちは、バキ子@bakikomanです。

今日は少しだけブログ論的なことを書いてみます。

あまりそういうブロガーの悩み的な記事は書かないつもりでいたんですが、最近ブログを書き続けるコツについてちょっとした気づきがあったので、自分なりに整理してみようと。

個人ブログを始めたばかりの方、もしくは

「記事が書けない・・・・」

「書くことが思いつかない・・・・」

とお悩みの個人ブロガーさんの参考になれば幸いです。




「雑記ブログ」とは何か?

このブログはいわゆる個人の「雑記ブログ」というジャンルに入ります。

「雑記ブログ」とは要するに、記事のテーマを限定せずに幅広いジャンルの記事を載せることができるブログサイトです。

ぶっちゃけ、何書いたって誰にも文句は言われません。

個人で運営し、ライティングも自分一人でやっているのであれば、100パーセント自分発信のメディアになります。

このブログも基本的に私(管理人・バキ子)が一人で書いているので、当然私の興味あるもの、知っているもの、経験したものが記事のメインになります。

逆に言うと、

私の興味や能力や経験を超えたものは、ブログには反映されません。

ようするに全部、自分が出ます。

気づかないうちに、普段はまったく意識していない人生観や思想なんかもにじみ出ているかも知れませんね。そんな大層なもの持ってないつもりなんだけど。

(;^ω^)

雑記ブロガーの悩み「記事が書けない」を図式。

で、以下の簡易図をご覧ください。

記事を大きく3つのテーマに分けた図です。

個人でブログを書いている人なら分かりますよね?

ようするに、真ん中の緑の部分に当たる小さな範囲でしか、私たちは記事を書けていないんですよ。だから苦しいんだと思うんです。


・自分が文章化できるテーマ=

技術的に書くことが可能な内容(知識やテクニックはあるか?)

・自分が興味のあるテーマ=

楽しんで書ける内容(情熱を持って書けるか?)

・需要のあるテーマ=

WEBの読み手が求めている内容(検索で選ばれているか?)


具体的に言うと、

「自分が興味のあることは沢山あるのに、知識が浅すぎてまとめられない!」

とか、

「知識はあるけど、一記事書けるほどの情熱は無い」

とか、

「そもそも私の興味のあることに検索需要なんて無い!」

とかね。

うーん、自分用に作ってみたんですけど、これって案外「何書こうか悩む人」「思うように記事書けてない人」共通の悩みなんじゃないかな?

「書ける範囲」を広げるためには

で、上記の図の緑の部分(ブログ記事として書ける範囲)を広げるには、こうするしかないですよね。

まずは「自分が興味のあること」を増やす努力。努力っていう言葉が適しているかは分からないですけど。これだけでも緑の部分はだいぶ大きくなりましたよね?

次に「知識やテクニックを身につける」努力。

するとホラ、緑の部分がずいぶんと大きくなりました!

これだけ書ける範囲が広がれば、かなり器用な一流の書き手になりましたね!

「需要のあるテーマ」は基本的に自分ではどうすることも出来ませんから、上の二つをなんとか広げる努力をするわけです。

図にすると一目瞭然ですが、結局、書き手である自分がマインドを上書きして成長する(能力を上げる)しかないのだということがハッキリしましたね。

わかりやすい技術向上の指南書はコレ。

すごーく分かりやすいのでびっくりします。

ブロガーは自分の「書ける範囲」を広げる努力が必要

ブログってとりあえず文章が打てればなんとなく書けてしまうので、ライティングに抵抗の無い人ならばかなり気軽に始められますよね。

私も「なんだ文章書くだけでいいの?カンタンじゃん!」という軽い気持ちで始めた一人。

あの頃の私は青かった・・・・

(;^ω^)

あまりに敷居が低いから見落としがちだったんですけど、現状の自分で書ききることが出来る記事なんて、さほどの需要は無いんだと思います。本格的に「読まれる記事」を目指すなら、それなりの勉強や興味を持つ努力が必要なんだってことですね。

個人の雑記ブログは放っておくと成長しない

で、上記のような図を作ってみて気づいたんですよ。

私のブログはこのまま放っておくと成長しないな、

ということに。

なぜなら、マジで自分が興味のあることしか書いていないからです。

もともと多方面に興味の向く好奇心が旺盛な人ならいいのですが、私の興味の向く範囲は今のところかなり限定的です。

(具体的には漫画・アニメ・小説などのカルチャー系の記事を多く書いています)

もちろん記事数に応じてそれなりにPV数や収益は増えてきていますが、まだまだ微々たる上昇なんですよね・・・w

正直、微増すぎてヤル気が出ない時もあります。

私と同じ平凡なブロガーさんなら分かるでしょ?この感覚w

個人ブログというものは、誰の制約も受けないかわりに、誰からも助言を受けられません。

孤独や・・・・孤独な闘いや・・・・

有名なブログサロンにでも入れば、きっと有益なアドバイスが受けられたりするんでしょうけど、私はブログにできるだけ元手はかけないと決めているので今のところサロンに参加するつもりはありません。

あと、サロンでアドバイスを受けるよりも、自分の認識を変えることのほうが大事だと思うんです。記事を書ける書けないって、結局「個人の心の持ちよう」だったりする場合が多いんですよね。

ほら、有識者からナイスなアドバイスを受けたとしても、それを有効に生かせない人って多いじゃないですか。あれってアドバイスを受けること自体で満足しちゃってその後の行動が追いつかないんでしょうね。自分もそうなってお金を無駄遣いしてしまいそうで怖いですし・・・

長々と書いてしまいましたが、ブログの成長をもっと加速するためには、今まで書けなかった(あるいは書く気の無い)ジャンル記事に挑戦してみることが不可欠なのではないか、と感じ始めています。

優秀なブロガーさんやカンのいい人ならばこんなこと当たり前にやっているのでしょうが、私は最近になってようやくそのことが腑に落ちてきました。

簡単にまとめると「自分の能力の幅を広げるしかないんだ」ということですね。

言葉にするととても単純なことなんです。

だた図にしたことで、わりと悩みを解決する具体的な方法が見えてくるのではないかと思います。言葉だけだといまいち具体的なイメージがつかみにくいですからね。

上記の図を自分のブログに置き替えて分析してみると、けっこう役に立つのではないかと思いますが、いかがでしょう?

自分のブログの悩みについて

私の場合、実を言えば書くだけならいくらでも書けます。書きたい記事はいくらでもあるし、ネタに困るということは無いんですよ。

ありがたいことに、それなりにリピートで読んでくださっている読者の方もいます。

ただ図でいうところの「需要のあるテーマ」ではないことが多いんですよね・・・・

(;´・ω・)

かなり限定的な範囲のことしか書いていないブログであることは否めません。

そこをどうやってテクニックを身につけて、需要のある記事に結び付けるのかが私の悩みなんです。ブロガーに必須な「検索需要」を満たすスキルがまだまだ足りない・・・・このままではイカンかなぁ、と思っているこの頃です。

今のままでも楽しくブログを書くことは出来るんですが、ちょっと欲が出てきたってことなんですよ。せっかく継続できて数字も伸びてきていることだし、もっとブログで稼ぎたいw

ちょっと愚痴みたいになっちゃいましたが、同じようにブログの成長に悩んでいる方に向けて書いてみました。

なかなか厳しいブログ道ですけど、一緒に頑張りましょうね!