【おすすめ漫画】冒険活劇『双子の帝國』は鬼頭莫宏の代表作に成りえるか?

シェアする

こんにちは、バキ子@bakikomanです。

漫画界の鬼才・鬼頭莫宏先生の、現在連載中の『双子の帝國』について思うところをつらつらと。

これは是非、大長編にしていただきたいですね。

面白くなりそう!

鬼頭莫宏マンガは中毒性が強くてクセになる

私は鬼頭莫宏さんの作品で単行本になっているものは、ほぼ全て読んでいます。

いちばん有名なのはSFファンタジー大作ぼくらのだと思いますが、

新作双子の帝國その歴代の作品の中でも、極めて入りやすい、間口の広いお話ではないかと感じました。

お読みになった方はお分かりだと思いますが、絵柄がだいぶソフトになっていて、初見の人も抵抗なく読めそうな、いいキャラ設定。

主人公もなかなかカッコいいし、ヒロインも可愛い。

そもそも鬼頭マンガにはかなりのクセがありましてですね、その空気感、間の取り方、登場人物の性向、絵柄、こういったものがかなり個性的です。

(よく言えば個性的、悪く言えば歪んでる💦)

だから、好き・嫌いがだいぶ別れる作家さんだと思います。

私のようにずっぽりハマってしまう人もいるし、いっぽうで苦手な人も相当数いるんじゃないかと推察します。

『双子の帝國』はメジャー感があって名作の予感

でも今作『双子の帝國』は、かなりメジャー漫画な雰囲気を感じさせます。

戦争が激化する大陸を旅する2人の若い男女が主人公で、

なんというか王道の冒険活劇っぽい雰囲気でスタートしています。

例によってクセのある、あまり好ましくない主人公(すぐ女を殴る)と、その主人公に従順な大人しい可愛い女の子(でも呪われている)という歪んだ関係ではありますが、

私は正直

「鬼頭莫宏の漫画にしては極めてノーマルだな」

と感じました。

冒険モノとしてとても面白そうだし、続きが気になってワクワクします。

まだ物語は始まったばかりで、本領発揮、という感じではないように思いますが、これからどんどんアクロバティックでファナティックな展開にしていって頂きたいと思います。

ていうかぶっちゃけ、もっと「気持ちの悪い」「生理的にイヤな」「モラル的に許されない」あの独特の毒素溢れる描写を期待しています。

初期の傑作長編『なるたる』はその最たるものでしたね。

(;^ω^)

鬼頭莫宏の漫画はセラピー漫画?

私が鬼頭莫宏先生の漫画に惹かれる理由のひとつとして、「怖いもの見たさ」があると思うんですよね。

普段の私たちの日常の中では絶対に否定されるべき(あってほしくない)言動をとるキャラクターがわんさか出てきて、読んでると

「ひええぇぇぇぇ!!!!」

( ゚Д゚)

ってなる。そこがいいわけです。

日常に侵入してくる異常性が。

ほかの漫画では絶対に味わえない、独特の病んだ世界観がたまらないんですよ。

よく出来た悪夢を見ているような感覚。

私たちの精神の中には、それぞれ人に言えない「ちょっとおかしい」部分が沢山あって、普段はそれを理性で抑制しています。

普段は意識していないそういった心のドロドロした部分をドーン!と白日の下に晒すのが鬼頭莫宏の真骨頂。

もちろんそれだけの作家さんではありませんが、他の追随を許さない鬼頭マンガの独自性は、この誰でも心に抱えている「ちょっとおかしい」部分を分かりやすく提示するところだと思うんですね。

自分の内にある行き過ぎた自意識や狂気を自覚し、それをある程度消化する効果が、鬼頭マンガにはあります。

人って、自分の中の「壊れた部分」を自覚することで、自分を取り巻く世界や現実をより相対化できるようになるんじゃないかと思うのです。

少なくとも私には、セラピー的に効きましたね。

『双子の帝國』ではキャラクター個人がそれほど病んでいる感じは受けません。

むしろ今までの作品と比べると、わりとノーマルなキャラクターが多い印象です。

それはおそらく、今作では世界情勢そのものがすでに病んでいるから。

すなわち戦争です。

国家間の戦争という大情況(言ってみれば大きな病理)の前では、いちいち個人の病理を掘り下げていられないってことなんじゃないかと。

この狂った世界を、若い主人公2人?がどう切り抜けていくのか、今後の展開を見守りたいと思います。

最後に

というわけで双子の帝國のおススメ記事でした。

風の谷のナウシカとかエウレカセブンとか、ちょっとダークで深みのある空戦&ジュブナイルを期待している方にはおススメではないかと思います。

セオリーを抑えつつ、「痛快な冒険活劇をオレが書いたらこうなるぜ」と言わんばかりのグロテスクさもあり、目が離せませんっ!!

最後に設問。

双子の帝國は鬼頭莫宏の代表作に成りえるでしょうか?

答えはYESだと思います。

長い射程の物語だと思いますので、じっくり楽しめそうですね~

手に汗握る新たな冒険モノをお探しの方は、今すぐチェック!!

シェアする

元気にツイート中!