PA-3ヨーグルトの作り方を詳しく解説!【ヨーグルトメーカーで培養】

シェアする




こんにちは、バキ子@bakikomanです。

先日新しいヨーグルトメーカーを買ったんですが、

おすすめヨーグルトメーカーはコレ!ダイエットに効くコスパ最強家電。
念願の新しいヨーグルトメーカーを購入しました! 今まで使っていたのはコレ。 TO-PLAN(トープラン) ヨーグルト...

これやっぱ使い勝手バツグン!!

3,000円以下で買えるのに・・・・

見事なコストパフォーマンスですよ。

温度調整と時間調整が出来るので、

いろんなタイプの乳酸菌の培養に対応できるんですよね~

今回は、ちょっとお高めなヨーグルト

「明治プロビオヨーグルト」シリーズから、

黄色いパッケージの「PA-3」を培養してみました。

キャッチフレーズは

「プリン体と戦う乳酸菌」

です。

痛風持ちや尿酸値の高い人におススメ。

ウチの旦那も尿酸値が高めなので、痛風予備軍なんですよ。

ほんとに効果あるのかはまだ未知数ですが、

ちょっとでも痛風の予防になればと思ってコイツを選びました。

それでは我流ではありますが、

明治プロビオヨーグルト「PA-3」の培養方法をレビューします!




準備するもの

準備するものは以下。

・明治プロビオヨーグルトPA-3 1/2パック(種菌)

・牛乳500ml

・グラニュー糖 15g~20g(上白糖でも可)

たったこれだけ。

あとは我が家のヨーグルトメーカー君ががんばって作ってくれるのです。

それでは作業に入ります。

プロビオヨーグルトPA-3の培養方法

下準備

まずは種菌を容器に入れます。

500ml作る場合は、1パック112gの半分(60g程度)を使用。

我が家では百均で買った500ml入りの容器を使っていますが、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカープレミアムを買うと、1リットル入りの専用容器が付いてきます。

(容器が無くても、牛乳パックごと培養できますけどね)

次に牛乳500mlを投入し、さらに砂糖をぶち込みます。

砂糖はグラニュー糖か上白糖(普通の砂糖)を15g~20g。

そのあたりだと元のPA-3と同じくらいの甘さになりました。

スティックシュガー3本分くらいが目安です。

砂糖を入れなくてもヨーグルト自体は出来るので、あとはお好みで。

(糖分があったほうが若干、乳酸菌が繁殖しやすいようです)

最後によく混ぜます。

念入りにかき混ぜて砂糖を溶けやすくしましょう。

これで作業完了!!

PA-3を作る適正温度と保温時間は?

あとはヨーグルトメーカーの温度と時間の設定ですが・・・・

4回ほど実験した結果、

この数値がいいのではないか、という結論に達しました。

・温度・・・・・42度(冬場は43度)

・保温時間・・・9時間

あくまで今回の明治プロビオヨーグルトPA-3については、

この値で間違いないんじゃないかと思います。

ヨーグルトの種類によって適正温度や保温時間が違うので、ヨーグルトメーカーを持っている人は何度か実験して自分なりの適正な値を探るといいと思います。

ヨーグルトメーカー、スイッチオン!

容器をセットします。

ヨーグルトメーカーに温度と保温時間を入力。

ポチッとな!

あとは9時間ほったらかし。

ラクチンですね!

我が家では夜10時頃に保温スタートさせます。

すると朝7時頃には出来上がっている、という寸法。

翌日・・・・

さあ、どうなっているでしょう、私のプロビオちゃん。

やった!固まってる!

・・・・というほど大げさなものでもなくて、実を言うと失敗したことありませんw

ヨーグルトメーカーさえあれば、誰にでも作れます。

(^-^)

ちょっとひと手間かけて、高級ヨーグルトを。

以上、明治プロビオヨーグルトPA-3を家庭で作る方法をレビューしました!

プロビオって、普通のヨーグルトに比べると割高じゃないですか。

毎日食べるとなると、食費もバカにならないですよね

(^_^;)

「ちょっとお高いよなぁ・・・・でも試してみたいなぁ・・・・」

ってお考えのアナタにはぜひ試していただきたい方法です。

我が家はこの方法で高級ヨーグルトを量産して毎日食べてます♪

なにはともあれ、

ヨーグルトメーカー買うならこちらを推奨。

安いからね!

関連記事:

ケフィアの作り方って超簡単!美味しい上にダイエット・美容にも効果アリ?
こんにちは、健康食品の王様・ケフィアに目覚めたバキ子です。 毎日ヨーグルトを食べ続けて3年目になるんですが、さらなる腸内環境の向上...