赤ちゃんの抱っこひも、どれにする?口コミ人気ブランドの比較まとめ【ベビーキャリア】

シェアする




新生児を抱えたパパやママにとって、

抱っこひも選び

は今や「あるある」だと思います。

出産を控えたお母さんも早めに揃えておきたい重要アイテムですよね。

私自身ももうすぐ出産を控えているので、

「抱っこひも、どれにしよう・・・」

とベビー用品のお店をウロウロしています。

・・・・

選べないんですよ!

良さそうなのがいっぱいあってね!

(^▽^;)

安い買い物ではありませんから、実際買ってみたら使いづらくて後悔した、ということが無いようにしたいですよね。

というわけで、抱っこひもの人気ブランドをざっと集めて、

自分なりにまとめてみました。

調べてみると、ベビーグッズを販売している各社でもそれぞれ個性があってかなり特徴が違います。購入を検討している側として気になる点といえば、

 装着感はどうか? 

 赤ちゃんの居心地、快適度はどうか? 

 機能性、使い勝手はどうか? 

 赤ちゃんの落下防止機能など、安全性はどうか? 

 デザインはどうか? 

こういったところですよね。

赤ちゃんが生まれてしばらくは、毎日のように使い続けるものなので、情報を集めて、自分と赤ちゃんに合ったより良い抱っこひもをゲットしたいところです。

それでは主な人気ブランドをまとめてみたのでご参考ください!




赤ちゃんの抱っこひも・口コミ人気ブランド

口コミで定評のある人気の抱っこひもをざっとご紹介。

特徴も簡単にまとめてみました。

まずはラインナップから。

エルゴベビー

・ナップナップ

・日本エイテックス

・ボバ

・マンジュカ

・アップリカ

・ポグネー

・ベビービョルン

1.エルゴベビー

現在、人気ナンバーワンとの呼び声も高いエルゴベビーは2003年創業のアメリカ・ハワイの抱っこひもブランド。ほかのベビー用品はほとんど作っていないようで、とにかく使いやすくて安全な抱っこひもにひたすらこだわっています。

お値段はけっこう高めですが(20000円~30000円くらい)、そのパフォーマンスの高さから不動の地位を築いています。街を歩いていると使っている人をよく見かけますね。

中でも2016年に新登場したADAPT(アダプト)シリーズが大人気!

私もお店で試着してきました。

(中身は赤ちゃん人形ですw)

私なりに

エルゴベビーADAPT

の簡単な感想をまとめると、

・赤ちゃんの落下防止用の安全ベルト付きなので安心

・腰ベルトがぶ厚くて動きやすく、安定感・安心感がある

・着脱にかなりクセがあるので慣れるまで練習が必要かも

赤ちゃん自身の快適性については確かめようがないですが、おぶる側としてはとても快適で動きやすく、安心感があります。特に腰回りの安定感がいい感じです。

ほかのメーカーのものと一線を画すのは、

なんと言ってもゴツさですね。

全体的に作りが頑丈で分厚いので、

防弾チョッキを着ているような安心感があります。

利用者も多いし、まあコレ買ってれば多分間違いはないでしょう。

2.napnap(ナップナップ)

napnap(ナップナップ)は日本生まれの抱っこひもブランド。

ここも快適性と安全性を重視した優れた抱っこひもが人気で、とにかく機能的で実用度バツグン!今、私が一番購入を考えている抱っこひもですね。

あと、エルゴベビーなどと比べるとすごく安いです。

(8000円~12000円くらい)

これも試着して来ました。

(中身はクマちゃん人形ですw)

私の口コミ的感想は以下。

・赤ちゃんの下半身をしっかりホールドするので安心

・素材が柔らかく、赤ちゃんが快適そう

・着脱がとても簡単!便利!

個人的には今のところ、これが一番買いかなぁ、と思っています。

そのくらい使い勝手が良さそう。

デザインのバリエーションも豊富でカラフルなのもいいですね。

あとは値段の安さに驚きです。

8000円~12000円ほど。

安いけど、モノはいいという印象ですね。

新生児から使いたい場合は別売りで「新生児パッド」を買う必要がありますが、これも3000円程度なので、合わせても1万円ちょい。

napnapは激安です。

出費は抑えたいけど変な安物で妥協したくない、という人にもおススメですね。

公式ホームページはこちら。

 3.日本エイテックス

昭和37年創業の老舗、エイテックスのオリジナル抱っこひも。

これも使い勝手が良さそうです。

シンプルな構造ですが、素材の柔らかさや通気性・速乾性にも優れていて日常のいろんなシーンですぐ引っ張ってこれそう。腰ベルトも意外としっかりしています。

まるでナップザックのようなイメージですね。

こんなふうにコンパクトに折りたためるので収納や持ち運びにも便利。

かなりのパフォーマンスを感じます。

洗濯機で丸洗いできらしいので手入れも楽ちんですね。

あとフォルムがシュッとしててカッコいいです。

 4.Boba(ボバ)

boba(ボバ)は形とデザインとが個性的でオシャレ!

試着したことは無いので装着感は分からないんですが、ホームページを見る限り、かなり細かく使用感や安全性を考慮した設計です。

抱っこする側の負担軽減がしっかりしていて、長時間の抱っこでも安心。

赤ちゃんの姿勢や快適性にも配慮している点が嬉しいですね。

「ボバラップ」というスリングっぽいタイプも。

これのフィット感いいですね!かっこいい!

赤ちゃんとの密着度・一体感がすごいので

お家の中や近所をお散歩するくらいならこれでいいんじゃないかな。

見た目もオシャレでかなり惹かれます!ひとつ欲しいです。

 

5.マンジュカ

 
 
 
 
マンジュカはドイツ生まれのの抱っこひもで、ヨーロッパでは大人気のベビーキャリアブランド。赤ちゃんの安定感がすごく感じられます!
 
 
 
偏見かもしれませんが、「ドイツ製」ってちゃんと丈夫に出来てそうで安心します。
モノ作り大国だから、しっかりしてそうで信頼感あるんですよね。
(^O^)/ 
 
 
 
 
デザインは質実剛健というか、派手ではなけど落ち着いていて大人っぽいです。
 
 
装着が楽そうで、これも惹かれますね・・・・
 

 
 
ゴツめなので安心感がありますね。腰ベルトも頑丈そうで安定しそう。
街歩きなんかにいいかも知れません。
 
 
ただ、エルゴのような落下防止用のひもは付いていないようですね。
 
 
 
 
 
男性っぽいデザインのものが多いので、
パパ用にひとつあってもいいかも知れません。
 
 
 
  

6.Aprica(アップリカ)

 
 
安心、安全のメイド・イン・ジャパン製品といえば
 
アップリカ!
 
 アップリカの抱っこひも「COLAN」シリーズ
 
 
 
アップリカの抱っこひもはとにかく多機能で便利。今売り出し中の「COLAN(コラン)」シリーズは赤ちゃんのいる生活の様々なシーンで活躍できる優れもの。
 
 
特にCOLANのCTSというタイプは凄くて、
抱っこ状態からそのままベビーカーに乗せ換え出来るんですよ!
 
 
(キャリートラベルシステムというそうです)
 
 
 
 
 
 
つまり、同じプロテクターを赤ちゃんに着せたまま、
 
抱っこ ⇔ ベビーカー
 
どっちにもスムーズに移行できるのです。
 
これはすごい。発想が素晴らしすぎます!
 
 
そうなの、大変だもの、赤ちゃんの乗せ換え!
 
 
世の親御さんの痒いところに手が届いた感じですね。
 
「もっとこいういう商品無いのかな!」
 
というところにちゃんと答えてくれている。
 
 
抱っこひもとしても腰のベルトがしっかりしていて、機能的には文句ないです。
 
 
唯一の欠点は見た目のデザイン性が今一つってとこですが、あまりデザインとか気にしない実用性重視の方ならアップリカで十分かと。 
 
 
 
こいつも試着してみました。
 
(中身は赤ちゃん人形ですw)
 
 
私の口コミ的感想は以下。

・着脱が簡単で分かりやすく、使い勝手は花マル

・生地がメッシュタイプで軽く、蒸れにくそう

・デザインは地味で今一つな感じ

赤ちゃんの下半身のホールドはごらんのとおりガッチガチ。

これは安心です。

このままベビーカーにも乗せ換えできるように、厳重になっているんですね。

うーん、これも候補の一つにします。

(^O^)/

 7.POGNAE(ポグネー)

うって変わってスタイリッシュでお洒落な雰囲気のポグネー。

機能性とデザイン性の両面に秀でた、これまた人気の抱っこひもです。

特徴的なのは、なんといっても「ヒップシート」と呼ばれる赤ちゃんが座る部分がしっかりしていて手厚いこと!

今までの常識では赤ちゃんの股に薄い布を通して吊り上げる、というイメージだったと思いますが、ポグネーの場合は、大人の腰ベルトの位置に赤ちゃんの座席を設けて「座らせる」という感じ。赤ちゃんが徐々に大きくなることも考慮されて設計されているようです。

赤ちゃんの身になってみると、おぶわれている、吊られている、というより「じゃんしてる」ような感覚で楽なのかもしれないですね。

このシステムは新しい!

赤ちゃんの体重のほとんどを腰ベルトの位置で支えるので、肩への負担もだいぶ軽くなるでしょう。腰への負担はどうなのかな・・・・

でもとにかく、斬新で面白い抱っこひもです。

これも欲しいなぁ・・・・

 8.BabyBjörn(ベビービョルン)

BabyBjörn(ベビービョルン)はスウェーデン発の抱っこひも(というよりもベビーキャリア)で、かなり頑丈な作りになっています。

柔らかい鎧を着ているような、しっかりした作りです。

これも安定感が感じられて頼もしいですね。

赤ちゃんの背もたれがガッシリしていて、夏とか蒸れないのかな?と思っていたら、ちゃんと夏仕様のベビーキャリアもありましたっ!

これはイイ!!

ベビーキャリア ONE + Air

メッシュ素材で通気性を良くして速乾性を実現。

でも得意のがっしりとした作りはそのままに。

これもポグネーと同じく、赤ちゃんの座席部分がかなり椅子っぽいしっかりした作りになっていますね。

抱っこひもというよりは「背負子(しょいこ)」に近い作りなんですね!

これも便利そうです・・・・www

自分と赤ちゃんにピッタリの抱っこひもを。

いかがでしたでしょうか。

あなたにピッタリの抱っこひもは見つかりましたか?

こういった観点で抱っこひもを見ていると、それぞれ工夫を凝らして商品開発しているのだな、と心底感心します。

たぶん性能的には、各ブランドとも申し分無いのだと思いますが、あとはどの方向に特化しているものをチョイスするか、です。

最終的にどれを買うのか決めるのは自分なので、

しっかり比較検討して使い道や自分の体形にフィットした逸品を選んでみたいですよね!

それもまた楽しみの一つです。

ぜひ自分なりの「コレだ!」という最良の抱っこひもをゲットしてみてください。

以上、赤ちゃんの抱っこひものブランド比較まとめでした!