妊娠6ヶ月目!体重増加の平均目安ってどのくらい?【3Dエコー写真あり】

シェアする




こんにちは、バキ子@bakikomanです。

妊娠6ヶ月目に入りました。

いちおう妊娠安定期に入り、体調もすこぶる良好。

産婦人科の検診でも、万事順調だとのことです。

今回のエコー写真はこんな感じ。

なんだかよく分かりませんね・・・・

こういうことらしいです。

5ヶ月頃から少しずつ胎動(赤ちゃんがお腹の中で動く音)を感じはじめていたんですが、6ヶ月を過ぎた現在、ますます動きが活発になってきました。

俗に言う、あれですね。

あ、動いた・・・・💛

ってやつを日々やっています。

まさかアタシにこんな日がやって来ようとは。




3Dエコー写真

最近の産院では「3Dエコー」というのもあるそうで、なかなかリアルな画像を見せてもらえます。けっこう生々しい感じでして・・・・

なんとなく顔が分かりますよねw へその緒がばっちり見えてます。

背中を向けてセクシーポーズ? 耳も確認できます。

まだ手足は細いですが、頭と首、胴体はしっかり形になっていました。

この頃(妊娠6ヶ月)になると聴覚も完成し、外の音が聞こえているようです。

おなかをトントンと軽くたたくと、ドンドンと叩き返す時もありました。

もう簡単なコミュニケーションがとれる時期なんですね。

音楽や英語を聞かせたり、胎教を初めてもいい時期だそうです。

妊娠中の体重の増減について

ところで産婦人科に行くと、細かく体重の増減をチェックされます。

体重があまり増えていないと、

「もうちょっと食べたほうがいいですね」

とアドバイスが入ります。

妊婦なので、体重が減るのはもちろんあまり好ましくありませんよね。

赤ちゃんが大きくなるんだし。

けれど、体重が増えすぎても胎児に悪影響が出ることがあるそうです。

そうなの!?

増えれば増えただけ順調なのかと思ってました。

無知って怖いですね・・・・

(;’∀’)

そんなわけで、妊娠6ヶ月の体重の増減について調査しました。

 妊娠6ヶ月の体重増加の理想値

お医者様の話だと妊娠6ヶ月の体重増加の理想は、

妊娠前の体重から+5kg未満。

増えすぎてもあまり良くない理由は、妊娠中毒症や、妊娠糖尿病のリスクが高まるから。

できれば痩せすぎず太り過ぎず、体重のコントロールも気にかけてください、と言われました。日々の食事には特に注意が必要のようです。

もちろん個人差があるのでこれより体重が増えている人もたくさんいて、そのほとんどの方が健康な赤ちゃんを無事出産している、とのことですのであまり神経質になることは無いようですが、基準としてはこうなっています。

さっそく自分の場合を調べてみました。

妊娠前の体重:49kg

現在の体重:53kg

約4kgの体重増。いちおう理想値の範囲内のようです。

6ヶ月頃から次第に成長スピードが速くなるらしく、

一週間で300g~500gも増えるのだとか。

そういえば最近、お腹が張ってきてヘソの穴がふさがりました。

(;^ω^)

妊娠中の体重コントロールって本当にできるの?

ところで妊娠中に体重のコントロールなんて出来るんでしょうか?

私も半信半疑でしたが、ちょっとしたコツを病院で伝授してもらいました。

体重を増やすための食事のコツ

一日三食のごはんをしっかり食べる。

(特に白米・玄米)

たんぱく質や野菜はもちろんですが、炭水化物の王様・お米をしっかり食べていると体重は増えるそうです。

もちろん、ほかの炭水化物(パンや麺類)でも構わないのですが、ご飯は脂分も少なく、無理のない体重増が見込めるのでおススメだと言われました。

ちょっと平均より体重足りないかな、と思われる場合は、ご飯を三食しっかり食べてみてください。

体重を減らすための食事のコツ

一日三食のごはん量を半分に減らし、代わりに午後三時、夜十時頃にバナナや柑橘系のフルーツを食べる。(同時にヨーグルトや乳酸飲料を摂取するのも効果的)

小まめに少量の果物を摂取すると、水分が多いのでお腹が満たされ、空腹がごまかすことが出来る、という寸法ですね。ただし、果物は糖分が高いのであくまで少量(バナナ一本、みかん一個程度)に留めましょう、とのことです。

ヨーグルトや乳酸飲料はフルーツと相性がよく、腸の善玉菌を増えやす効果があることは広く知られていることだと思います。善玉菌が増えると代謝が上がり、体に余分な脂肪が付きにくくなる、という理屈。

ヨーグルト生活の素晴らしさは私も経験済みなので、

この話には納得感がありました。

関連記事:私が風邪を引かなくなった4つの秘訣

無理をせず、自分の体に合った妊婦生活を

以上、妊娠6ヶ月の体重の増減に関する情報をお届けしました。

あくまで平均値の話なので、自分の体重が少々標準からはみ出ていても必要以上に怖がることは無いと思います。もともとの体質にもよるでしょうからね。

どうしても心配な場合は、かかりつけの産婦人科の先生に相談するのが一番だと思います。

それでは引き続き、妊婦生活がんばりましょう!

妊娠6ヶ月のバキ子でした★